【衝撃】激やば!!人類の歴史を変えた革命TOP10

第10位 イラン革命

イラン革命は、1979年にホメイニ氏とイスラーム原理主義勢力がイランのパフレヴィー朝を倒し、政権を奪取、イスラーム教国家を実現させた変革のことをいいます。

当時イラクはアメリカの援助で石油震源開発を行ったり、政治・文化・日常生活をあらゆる面で西洋化する政策を実施していました。しかし、国民生活は一向に向上せず、暴動をきっかけにイラン革命が発生しました。

これにより、アメリカ資本の石油精製施設を接収し、資源保護を名目に石油輸出を制限しました。その結果、石油の国際価格が上昇し、第二次石油危機が発生します。またイラン・イラク戦争の原因になりました。

参考:世界史の窓「イラン革命」

第9位 キューバ革命

キューバ革命は、1959年にキューバで親米バティスタ政権を倒したカストロとゲバラが主導権を握り、社会主義改革を実施したことをいいます。

キューバ革命後、農地改革を行い、小作人の開放を実施しました。またアメリカ企業を接収して、国有化を実行し、アメリカと対立していきます。

1962年にはソ連がキューバにミサイル基地を建設しようとして、アメリカが海上封鎖したことによるキューバ危機が発生しました。核戦争が発生するのではないかと緊張が走りましたが、ソ連のミサイル撤去を受けて、解決しました。

参考:世界史の窓「キューバ革命」

第8位 商業革命

商業革命は、1500年代の大航海時代にヨーロッパで起こった貿易や商業の大きな変化のことをいいます。

商業革命の原因として、ポルトガルによるインド航路の開発にともなう香辛料貿易や、スペイン・ポルトガルによる新大陸である南米の植民地化が挙げられます。

また世界経済が地中海周辺から、スペインやポルトガルなどがある大西洋沿岸に移りました。 それにより商業圏もヨーロッパだけではなく、アジアや新大陸にまで広がりました。

参考:世界史の窓「商業革命」

第7位 価格革命

価格革命は、1500年頃に新大陸との交易が始まったことによるヨーロッパの大きな価格変動のことをいいます。その結果、銀の価格が下落し、物価が2~3倍に高騰しました。

スペインが新大陸で開発したポトシ銀山の銀がヨーロッパ各地に流通しました。それにより、銀の価値が下落し、インフレが発生しました。

地代収入に依存している領主階級が没落したことにより、封建社会が崩壊することになりました。また民衆の生活が大きく変化しました。

参考:世界史の窓「価格革命」

第6位 ロシア革命

ロシア革命は、1917年にロシア帝国で発生した皇帝専制政治の崩壊と社会主義国家が設立されたことを指します。これにより、300年近く続いたロマノフ朝は崩壊します。

第一次世界大戦の戦費調達を理由にしたインフレにより、民衆の怒りが爆発して暴動が発生し、臨時政府が樹立されます。しかし、その臨時政府もうまく機能せず、レーニンを中心としたボリシェヴィキがクーデターを実施し、ソ連を建国します。

その後のロシアは、スターリンが独裁者となり、東欧諸国を共産主義国家にしたり、朝鮮戦争やベトナム戦争を発生させるなど、世界を混乱させました。

参考:honciergeホンシェルジュ「5分で分かるロシア革命!概要を簡単に分かりやすく解説! 」
ウィキペディア「ロシア革命」

第5位 第一次エネルギー革命

第一次エネルギー革命は、人類が火を発見して利用するようになったことをいいます。これにより、人類は火を利用して動物界の頂点に立つことができました。

50万年以上の中国の北京原人の頃には、火を利用することができたと言われています。火を利用することで、食べ物を安全に食べることが可能になりました。

火を発明したおかげで、人類は新たな一歩を踏み出すことができ、狩猟採集時代に突入することができました。

参考:ウィキペディア「エネルギー革命」

第4位 農業革命

農業革命によって、穀物を大量に生産することが可能になりました。その結果、人口が爆発的に増え、国家が誕生しました。紀元前7000年ごろにはエジプトで農耕が始まったと言われています。

狩猟採集生活から農耕生活に変わったことで、食糧を安定して生産することができるようになりました。また穀物の管理などで、計算技術が発達したり、リーダーなど人々を管理する人たちが誕生しました。

農業革命によって、水利権や肥沃な土地をめぐる争いが多発し、戦争が発生しました。人間の歴史は農業革命から始まったといえます。

参考:ウィキペディア「農業の歴史」

第3位 フランス革命

フランス革命は、フランス国王が中心の絶対王政を崩壊させ、近代の民主主義国家に近づくきっかけになった出来事です。

フランス革命は、1789年のバスティーユ牢獄襲撃事件をきっかけ発生しました。その後、国王ルイ16世らが処刑され、フランスを立て直すためにナポレオンが活躍するきっかけになりました。

フランス革命が原因で発生したナポレオン戦争により、ヨーロッパ諸国は近代への道のりを歩んでいきます。

参考:honciergeホンシェルジュ「5分で分かるフランス革命!流れや原因を分かりやすく解説! 」

第2位 IT革命

1995年以降、インターネットを使って、世界中の情報を簡単に低コストで入手できるようになり、経済・社会に大きな変革が起きたことをIT革命といいます。

ウィンドウズ搭載パソコンやiphoneが全世界に普及し、たった一人の行動が全世界を動かすようになりました。トランプ大統領がTwitterでつぶやいただけで、トヨタ自動車の株価が下落するほどです。

IT革命によってYouTuberやアフィリエイターで生活をしている人がいる一方で、SNSでふざけた動画を投稿した結果、人生を棒に振ってしまう人も後を絶ちません。

参考:暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト知るぽると「IT革命とは」

第1位 産業革命

産業革命は1700年代後半のイギリスから始まった、蒸気機関の利用と石炭を動力とした生産技術の飛躍的な向上と、エネルギーの変革のことです。

産業革命以前の動力源は、人力か馬力ぐらいしかありませんでした。しかし、ワットが発明した効率のいい蒸気機関によって生産効率が大幅に上昇します。そしてドイツ、フランス、日本に広がっていきます。

産業革命により、ヨーロッパ諸国とアジア諸国のパワーバランスが逆転します。その結果、ヨーロッパ諸国はアジアやアフリカを次々に植民地にして、列強による植民地獲得競争が始まり、世界大戦につながりました。

参考:世界史の窓「産業革命」

こちらもどうぞ!!【衝撃】吉田沙保里も驚愕!?世界史を動かした女性TOP10